第37回 自分のビジネスをつくる方法 中里桃子×木暮太一①

今回は、いつもと趣向を変えて「自分のビジネスをつくる」というテーマに焦点を当てたインタビューをお届けします。

ゲストは、株式会社女子マネの代表・中里桃子さん。2016年、著者やコンサルタントを対象に、新たな収益獲得の仕組みづくりとして「オンラインサロン」(ある共通目的をもった応援者が集うコミュニティ)の運用代行を支援する会社を立ち上げました。

少し前まで会社員だった中里さんがどのような経緯で独立し、今のビジネスモデルを作りあげたのか?これから新しいビジネスにチャレンジしたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください!

株式会社女子マネ http://joshimane.jp/

第36回 著者対談・永井峻×木暮太一③

永井峻(ながい・たかし)さんとの対談の最後は、今やビジネスツールとしても様々な企業が活用しているLINE・LINE@についての話題で盛り上がりました。

お客様とのコミュニケーションにLINEを導入したことで、集客や施術のリピートでどれだけの効果がもたらされたのか?既存のメールや電話でのやり取りとの違いは?これから活用を検討していた方へ参考になる事例をシェアいただいてます。また、今後の著作スケジュールや新たなビジネスチャレンジなど、未来に向けての展望もお聞かせいただきました。

【お知らせ】あなたのコンテンツを出版する方法、教えます!

「本を出してみたい!」と思ったことはありませんか?

本を出したら、周りの見る目が変わります。自分が会ったことない人が、自分の本を読んでくれます。「この本のおかげで人生が変わった」「この本に書いてあることを実践したら、ビジネスがうまくいった」「この本の著者に会ってみたい」・・・そう感じる読者は、じつはとても多いんです。本はそれだけの力を持っています。

本を出したことがある人生と本を出していない人生は、大きく違います。「でも、どうすればいいのかわからない!」
そう感じるでしょう。

正しい出版のノウハウは、ほとんど世の中に出回っていません。その一方で、断片的な情報が語られることが多く、みんな混乱していますね。

「ブログを書いた方がいいよ」
「編集者と直接名刺交換しないと、本は出せない」
「Amazonで電子書籍を出せば、編集者から声がかかるよ」
「やっぱり何百万円もする出版コンサルにお願いしなきゃいけないかもよ」

いろんなアドバイスが出回っていますが、残念ながらこれらは、すべて誤った情報です。もちろん、これらのやり方でも、何年も継続し、とことん時間をかければ、もしかしたら本が出ることもあるでしょう。でも、どうせやるんだったら、正しい知識に従って、最短のルートで目的を達成したいじゃないですか。

僕、木暮太一は著者として20年活動しています。同時に、12年間、出版社を経営しています。出版業界を表側と裏舞台の両方を長い間見てきました。その経験から得た「本を出版するために必要なこと」を、このセミナーでお伝えしますね。

Read

第35回 著者対談・永井峻×木暮太一②

前回に続き、永井峻さんとの対談をお届けします。

出版をしてから起こったビジネス的変化とは?さらには、3万人以上の購読者がいるメルマガやLINEを使い、どのように集客し、お客様とコミュニケーションを取っているのか?永井さんが実践している「接点づくり」は、私たちのビジネスにも大いに活かすことが可能です。

第34回 著者対談・永井峻×木暮太一①

今回は、整体師の永井峻(ながいたかし)さんにお話を伺いました。

現在までに数冊出版されている永井さんは、サラリーマンとして働きながら整体の技術を学び独立。独立前からブログなどで情報発信をし読者を獲得し、今では「高単価×短時間」、そして「他とは違う価値の提供」の施術でビジネスも軌道に乗っていらっしゃいます。

著者としても活躍される前に、どのようにビジネスの基盤を築いてきたのか?これから独立起業を目指す方、整体やセラピーなどおひとりでビジネスをされている方はより一層ヒントとなる、必聴の内容です!

永井峻さんホームページ
http://www.ht-b.jp/bh/index.html

第33回 著者対談・中島輝×木暮太一③

著者としての道を歩み始めた心理カウンセラー・中島輝(なかしま・てる)さん。
対談の最後を飾る今回は、これからの展望を語っていただきました。

これまで出来なかったことが「出版したからできる」に変わることもあります。ひとつの本を足掛かりに次々とチャンスを掴み、ビジネスや人生をより飛躍させるヒントが満載です。